• 佳粋

「これまでの人生」 に対して、責任を負う

ラグジュアリーツアー中に繋がってくれてありがとうございます。



「これからの人生」 を、自分自身の力で変えていくためには、どうすればよいのでしょうか。


まずは、 「これまでの人生」 に対して、責任を負う ことです。


  


「今の自分は、何故こうなったのか」 に対して、2つの考え方があるそうです。



フロイト「原因論」 によれば、 「過去の○○が原因で、今の自分はこうなった」 と考えます。

たとえば、他人に不信感を抱くようになったのは、


過去の失敗が原因でトラとウマになった ・・・ など。

ただ・・・同じ失敗をしても、トラとウマにならない人も大勢います。


  


 一方、アドラー「目的論」 によれば、過去の出来事は関係ありません。

 それは 単なる事実に過ぎず、そこに 「どんな意味づけをしたのかによる」 と考えます。

同じ出来事を経験しても、その事実に対して 「よい意味づけ」 をする人もいれば、 「悪い意味づけ」 をする人もいます。

要は、問題は 「何があったか」 ではなく 「どう解釈したか」 。

例えばバラの花→赤い


バラの花→とげがあるなど・・・

  


 さらに、

 その 「意味づけ」 は、本人が何らかの目的を果たすために行ったもの だと。

 たとえば、「降られるのが怖いから告白するのをやめる」 という目的が、先に存在しています。

 その目的を果たすために、過去の出来事に対して、本人が 「悪い意味づけ」 を、行ったのだそうです。


  


 だから、まずは、 今の自分に対して、不満があったとしても、過去や他人のせいにしない ことです。

 「目的論」 に従って、 「自分が選んだ結果」 として、認めてみてください。

こうして、今までの自分に責任を持てば、人生に対して主体性を取り戻すことができます。

 主体性を取り戻すことによって、今後の人生を、自分の意思で変えられるようになります。


  

 もし、自分自身を向上させたいなら、まずは自分が原因であることを、


とっとと認めてしまう ことですね。


お空にはこう飛ばしてみてください。


「あ!!そうだよね、そうだったんだ!なら仕方ないね。修正していこう!!」


「今の現実を創ったのはあたしだから・・・」と


笑ってやってください。



笑い話ではなく、笑って許してあげて下さい、あなた自身を。



悲しみ怒り不満を並べながらなぜ泣くのですか?


好き出逢いたくてたまらない相手に対してなぜ、なぜ?と詰め寄るのですか?



しっくり考えてみてくださいね。



貴方の人生に引き続き魔法をかけていきます。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示