• 佳粋

コロナの影響で出来た暇をどう使うかが今後を決める。

おはようございます。絶好調の佳粋です(*´︶`*)❤

コロナの影響で外出が減ったり、

会社からの自粛支持が出たりと、

時間が突然余る生活に返還されている方も多い方も

居るかもしれません。

人は今まであったものが急に増えるとうまく使いこなせないのが事実です。

例えば宝くじで大金を当ててしまった人が散在してしまうのも同じです。

でも今の時代だからこそできる事を一日でも早く取り掛かることが

確実に未来を創っていくのではないのでしょうか?

佳粋に繋がっていただければ

ジュニアが何を欲していて、本当は何が向いているのかを

しっかり見ていきます。

今日は誰にでも 深くこれからの時代関係するだろう「副業」「複業」についてのお話です。

「副業元年」といわれた2018年からはや2年。企業がじわじわと副業解禁へかじを切っているものの、

実際に副業を始めたARIA世代はそれほど多くはないようです。

けれども「これからはARIA世代にこそ、副業が欠かせない」と専門家は話します。

では、何から始めるべき? 本業と副業のバランスをどう取る? 少し見ていきましょう。

働き方改革の一環として、厚生労働省は2018年1月にモデル就業規則を改定し、

労働者順守事項の「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。」を削除しました。

事実上の副業解禁です。とはいえ、いきなり「明日から副業してもいいですよ」と言われたところで、

何をどう始めればいいのか、そもそも副業する必要があるのかなど、疑問や不安は拭えません。

 果たして私たちにとって副業にはどんなメリットがあるのか、

やるならどのような仕事を選べばいいのか……。『マルチプル・ワーカー「複業」の時代』の著者で、

副業に詳しい早稲田大学ビジネススクール教授の山田英夫さんに、

私たちが目指すべき副業の形と注意点について話をしてもらいました。

副業は「人生を豊かにする」強力な選択肢

 現時点で副業をしている人の多くは、20代から30代の若い世代といわれています。終身雇用は当てにならず、

昇給すら危うい時代に就職した彼ら・彼女らにとって、複数の「手に職」を持つことは自然の流れなのでしょう。

では、キャリアを重ねてきたARIA世代は副業が不要かというと、そうではありません。

日本では、大手企業の取締役にまでなれば生涯年収が増えて余生も安泰でしょうが、

55歳や60歳で役職定年を迎えると年収が大幅に減り、

会社に残れたとしても、社内で輝ける場所がなくなっていくでしょう。

その時点で新たに別の働き口を探しても、正直、これまでのスキルを生かせる仕事は

なかなか見つからないのが現状です。

 また、たとえ大手企業で働く優秀な社員だったとしても、ある日突然勤め先がM&Aや企業吸収の対象となり、

余剰人員になってしまう可能性もあります。だからこそARIA世代の皆さんには、

今から副業について真剣に考え始め、人生の選択肢を広げておいてほしいのです。

文章にすれば簡単なのですが実際、始めようと思うと何からすれば?と戸惑う方のために、 好きな時間に好きな場所で働く 安心優良サイトのママワークス。

ママワークスとは言え今では様々な方が 活用されています。

実際こちらに来られる生徒さん達も 今後の税制や老後を考慮し、始められた方も多いです。在宅ワークは何より時間が買えます。

往復通勤時間、ランチ代などを考えると効率よく稼ぐ事が可能かもしれませんね。 但し、自分自身を管理できる方が向いています。

あくまでも、職場が自宅なので。