• 佳粋

ストレスと仲良くなる

「ストレス」とか

不安などと聞くと、

嫌なものという印象を持つかと思います。


しかし「ストレスは考え方次第で、

よいものにも悪いものにもなる」

という事実が、最新の研究で

解かれています。


人はストレスにさらされると、

「コルチゾール」と「DHEA」

という2つのホルモンが分泌されます。


コルチゾールは、

戦うときに分泌されるホルモンです。


コルチゾールが分泌されると、

糖質や脂肪の代謝が高まり、

戦闘態勢が整います。


要は武器になるんです。


ただ過剰に分泌されると、

糖質や脂肪の代謝も過剰になり、

うつや不安症など、

心の病気になりやすくなります。


コルチゾールは起爆剤のようなもので、

ここぞというときに分泌されると

やる気を高めるのですが、

長時間、大量に分泌されると、

メンタルが落ちてしてしまうのです。


DHEAは、脳の成長を促進したり、

免疫力を向上させたり

してくれるホルモンです。


ストレスを感じるのは、

自分に危険迫っているから。


そこでDHEAを分泌させ、

それを乗り越えようとするのです。


この2つのストレスホルモンの

バランスが大事で、コルチゾールの

分泌のほうが多い場合、

ストレスは悪いほうに働きやすくなります。

ただ、DHEAのほうが多い場合、

逆にストレスは自分の

味方になってくれるのです。


ということは、ストレスを感じても、

DHEAの分泌が多ければ、

自分にとってプラスになるはずです。


このためにはまず、

「ストレスは自分のためになる」

という考え方を持ってください。 今コロナ問題で抱えている不安やストレスも

味方にしていきましょうね。

自宅でがっつりお小遣い風邪ぎ(*´˘`*)♡

                     



あなたがもし出来ないことが

ずっと出来なかったり

何がしたいのかが

分からなくなってしまったとき。


声の鑑定士・佳粋(Keisui)に