• 佳粋

感受性の因数分解

感受性について考えてみる

感受性とは、

外からの刺激や印象を

深く感じ取れる

能力のことです。

色や形、音や匂いなどを

受け止める感覚が

豊かだったり、

楽しいことも

悲しいことも感情を

受け入れる能力のことを

表しています。

例えば美味しいものを

おいしぃっ!!と感じたり

他人の言葉に共感したり。

美しい景色に

感動したり。

そのような人は

「感受性が強い」とか

「感受性が豊か」などと

表現します。

感受性の強い人に

見受けられる8つの特徴

1. 共感力に長けていて、

人の気持ちを

汲み取るのがうまい

要は人の気持ちに敏感。

2. 繊細ですぐに傷つく

感受性が強いと、

普通の人ならば

スルーしてしまう

ようなことでも、

気になって必要以上に

固執したり、

考え込んでしまったりと、

自分の感情の

コントロールが

難しい状況が見られます。

周囲の気持ちを

汲み取る能力が高い分、

人が気にならないことも、

感受性が強い人から

するとストレスに

感じやすいからです。

3. 感情の起伏が激しい

感情表現が豊かな反面、

感情のアップダウンが

多いのも感受性が

強い人の特徴です。

感受性が強い人は、

人よりも色々なことを

心で感じ取ってしまうため、疲れやすく

なってしまいます。

4.本質を見抜く力が

長けている

感受性の強い人は、

相手の気持ちを

汲み取るのが上手なため、

相手が何を

伝えたいのか

見抜く力に長けている

特徴があります。

いつも色々な刺激を受け、様々な物事を

考える癖が

身についているので、

洞察力が高く物事の

本質を見抜く力が

強いのです。

本質を見抜く力に

長けていると、

本当に大事なことを

見抜けるため、

成功しやすくなります。

⭐︎反対に、

感受性が弱いと

言われる人の特徴

1. 人の気持ちを

理解するのが苦手

2.芸術的な作品に

触れても、特に

感動することはない

3. ドライな性格で

常に冷静な姿勢を

保っている

感受性が豊かになる

原因として、

代表的なものを

紹介していきます。

1.

両親や育ってきた

環境に理由がある

親が過保護だったり

反対に一切

干渉しなかったり

するなど、

小さな頃から

人の顔色を伺いながら

振る舞う機会が多いと

感受性が

強くなりやすいです。

2.

自分に自信がなく、

周囲の意見に

染まりやすいから

感受性が強い人は、

自分よりも

他人の気持ちに

影響されやすいですが、

これはいつも

人任せな性格で、

人の意見に従うのが

習慣になっていることが

一つの原因です。

自分に自信が

ないため他人に

目が行ってしまい、

自分の気持ちよりも

人の気持ちに

影響されてしまうのです。

そのため、

感受性が強い人には、

自分の価値を

認められない

自己肯定感が低い人が

多くなっています。

3.

昔から芸術作品が

好きだったから

幼少期から

物語に感情移入する

機会が多いと、

物語の世界観と

自分を重ねあわせるのが

癖になってしまいます。

ドラマや映画、

本などの芸術作品を

見る習慣があると、

そこから影響を受けやすく感受性が磨かれるのです。

昔から芸術作品を