緊急☆彡こんな時代だからこそ「いま」できる事
  • 佳粋

緊急☆彡こんな時代だからこそ「いま」できる事

新型コロナ「エアロゾル」で3時間生存 米研究グループが発表 NIH=アメリカ国立衛生研究所などの研究グループは、新型コロナウイルスについて、

霧のように空気中に漂ういわゆる「エアロゾル」という状態でも、

3時間以上生存できるとする論文をアメリカの医学雑誌に発表しました。 NIHやCDC=アメリカ疾病対策センターなどの研究グループは、

新型コロナウイルスについて、空気中や物質の表面などでの生存期間を調べた論文を17日、

アメリカの医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表しました。 それによりますと液体を噴霧する装置を使って、

ウイルスが含まれた液体の粒を5マイクロメートル以下の、

いわゆる「エアロゾル」という状態にした場合、3時間が過ぎてもウイルスは生存していました。 普通のせきやくしゃみで出る飛沫のほとんどは粒が大きいためすぐに地面に落ちますが、

より小さい粒子は長時間、空気中に漂います。 こうした小さい粒子でもウイルスが一定の時間、生存できることが確認されたことから、

研究グループでは「『エアロゾル』による感染が起こりうる」と結論づけています。 CDCは、エアロゾルが発生しやすい医療現場で働く人などに対し、

専用のマスクを着用するなどしたうえで新型コロナウイルスの感染者に対応するようガイドラインに明記するなど、

厳重な対策を求めています。 “プラスチック表面では72時間生存”

研究グループはこのほか、プラスチックや金属、紙などの表面でのウイルスの生存期間も調べました。 それによりますと、銅の表面では4時間

ボール紙の表面では24時間たつと生存しているウイルスは検出できませんでしたが、

ステンレスでは48時間

プラスチックの表面では72時間にわたり、

ウイルスが大幅に減少しながらも生存することが確認されたということです。 研究グループは「固体の表面でも長時間生存できることから、

接触感染にも十分な注意が必要だ」としています。

WHO 新型ウイルス「夏場に消えるというのは誤った期待」

WHO=世界保健機関は、感染が拡大する新型コロナウイルスについて、

「インフルエンザのように夏場になれば消えるというのは誤った期待だ」として、

各国は自然に終息するのを待つのではなくいま取り得る対策に全力を尽くす必要があると強調しました。 WHOで危機対応を統括するライアン氏は3月6日、

スイスのジュネーブにある本部で開いた記者会見で「ウイルスが異なる気候状況で

どのように変化するかまだ分かっていない。

インフルエンザのように夏場は消えるというのは誤った期待だ」と述べました。 そのうえで「ウイルスが消えるのを待つのではなく、いまこそ闘う必要がある」と述べ、

各国は自然に終息するのを待つのではなく、

いま取り得る対策に全力を尽くす必要があると強調しました。

いま取り得る対策に全力を尽くす?

・リーマンショックとコロナショックは大きく違う ・感染病はコントロールできない ・世界はもう元には戻らない ・今までの生き方を変えざるをえなくなる 1. 「リモートワーク」が当たり前に 2. 「リモート学習」が当たり前に 3. 地方移住が増える 4. 犯罪が減る 5. 国家の強制力アップ 1. 「リモートワーク」が当たり前に ニューヨークでは在宅勤務を「義務化」 ・日本は「要請」 ・今日も満員電車で無症状の若者が出勤 ・通勤・通学は感染症の温床になりかねない ・リモートワークは企業経営の前提になる ・リモート対応できない=経営困難 ・労働者もリモート導入企業を優先 ・リモートできない=ブラック企業 ・どうしてもリモートできない人は? ・消防士、医者、ゴミ収集、土木…… ・リスクをおかして働く ・応援してもらえるし、給料も上がる? 2. 「リモート学習」が当たり前に ・学校のあり方も変わる ・日本はいまだに昭和を維持 ・さすがに今回でかなり変わる ・メール連絡が可能に!! ・先進的な学校はタブレット学習 ・AIを使った効率的な学習 ・こどもたちの学力が爆増? ・リアルに行かなくてもいい ・いやなら行かなくていい ・いじめ被害も激減! 3. 地方移住が増える ・明らかに地方は感染が少ない ・高知も収束?四国は広がってない ・田舎は人が少ない ・移動もクルマが中心 ・都市部はリスクがある ・隣の人がコロナかもしれないという恐怖、ストレス ・物流が止まったら終わりなのも怖い ・地方都市、田舎はいい選択肢 ・リモート化が後押し ・まだ東京で消耗してるの? ・都市化に歯止めが掛かったら革命的 4. 犯罪が減る ・110番通報は15%減少 ・リモート化でトラブルが減る ・痴漢も難しくなっている? ・在宅を狙った犯罪が増える? ・自宅にカメラを付けるのが当たり前に ・監視カメラが一家に一台以上 ・さらに犯罪がやりにくくなる 5. 国家の強制力アップ ・自粛の限界 ・外出禁止の強制は法的に難しい ・強制できるように法改正 ・国家権力が強力になる ・加えて監視社会化 ・マイナンバーと職業紐付け ・不要不急の外出をしたら逮捕 ・「感染病対策のため」 ・経済対策にも期待 ・日銀が市場に思いっきり介入 ・経済も国家がコントロールする ・安倍さんは弱気、強いリーダーがほしい ・NYクオモ知事「外出するな、私が責任を取る、私を責めなさい」 ・国民が国家権力の強大化を求めている ・反発としてリバタリアニズムが盛り上がりそう ・ビットコインは注目をうけるかも? 個人は? ・リモート可能な会社で働こう ・地方に行こう ・新産業に注目しよう ・デジタル化支援、ゲーム、VR/ARなどなど伸びそう ・感染病について学ぼう ・健康に生きよう

家でコツコツ始める楽しさもあるんです。

今だから出来る事、参考になれば幸いです。

イケハヤ先生



時代の変化と共に、私の若かりし頃は チャットレディ=テレクラ=Hなこと・・・ と変な偏見がありましたが 結婚継続率が長いのはSNSでの出逢いと言われているほど 今や初めましてがネットだったり、 そこからお友達になっていったりする事が常識の世代。。。 誰かと話し足り✉したりすることで立派な収入が発生するのであれば

(もちろん確定申告も要) 私だけの見解で進んでいくことは良くないなと思いリンク張っておきます。 この会社は何より安全。VIVO ライブチャットのサイトは男女の会員を確保するために多額の広告費をかけています。 そのため小さいサイトだと経営が厳しくなって倒産し、報酬が支払われないままになるということが起こることも。 こういったことを防ぐには信頼性の高い大手のサイトを選ぶことが重要です。。 VIVOの運営会社であるエムモバは2016年に出来ましたが、 かつてはe-shot(イーショット)という社名で同サイトを運営していました。 e-shot時代から含めると約15年という老舗の会社で、業界でも大手です。   仮にVIVOが報酬未払いなどのトラブルが多発している会社ならこんなに長く運営することは出来ません。 約15年という運営歴がVIVOの信頼性を物語っています。 だそうです。 時代は変化したなぁ・・・

この状況にどうレバレッジをかけるかで

生き残りが決まる・・・

何もしないより何かした方がいい。

人間はそんな弱くない。

今だからこそジュニアとタッグを組んで

一人一人が未来を創っていきませんか?


ღтнайк чоцღ

魔法使いへの入り口

https://ameblo.jp/arigatou-ikito

https://keisui-junior.wixsite.com/miraclewizard

https://www.keisui-junior.com/

LINEトーク占い

人気占い師5位入賞

http://fortune-mag.line.me/ja/archives/34097131.html

0回の閲覧

©2018 by ジュニアの故郷 ボイスヒーラー佳粋. Proudly created with Wix.com