立春
  • 佳粋

立春

昨日は節分でしたね。

そして今日は、立春です。

身の引き締まる、私の好きな言葉です。

節分とは 節分には「季節を分ける」という意味があり季節の変わり目の事を指します。

日本には春、夏、秋、冬と四季があるので、 季節の変わり目は1年に4回です。

各季節の始まりは、立春、立夏、立秋、立冬と言い、 それぞれの前日が節分と呼ばれているのです。

という事は節分が年に4回ある!?と、不思議に思いますよね。

しかし、現在の節分は2月3日の1回だけなのです。

旧暦では、立春が一年の始まりとされているので、 その前日の節分が一番メジャーになったと考えられています。

(★現在では、節分=大晦日、立春=元日と捉えてくださいね。) 1年の始まりに鬼を払い、不幸や災いのない1年になるように 願いを込めてこの時期に節分が行われるのです。

日本の奥深さ・・・そそります・・・。

小さな子供たちや、

こんな説文や立春の本当の意味を知らない

大人たちに一人でも多く、

へぇぇぇっ!!と感動してほしいですね。

©2018 by ジュニアの故郷 ボイスヒーラー佳粋. Proudly created with Wix.com